スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

当ブログについて

ご訪問ありがとうございます。
IIDXを嗜む1人のしがないプレイヤーのはやとと申します。

当ブログのご説明を簡単にしたいと思います。
このブログではおもに、七段~十段なりたての皆様をターゲットに
今後壁と感じるであろう楽曲を私なりに分析し解説と攻略をしちゃおう
という趣旨のブログでございます。

ですので皆伝や発狂うん段の方が見てもあまり参考にはならないと思いますし
もっと良い攻略法があるかもしれません。
あくまで自分の攻略法は選択肢の1つであり強要するものではございませんので
ご了承ください。今後の皆さんの上達の助けになれるよう努力する所存ですので
よろしくお願いいたします。

注意事項
・このサイトはハードを基準に解説していきます。
・自分の実力不足ゆえに☆12の解説は怪しいかもしれません
・私自身が1Pプレイヤーですので2Pの方には違和感を
 覚える解説になるかもしれません
 (なるべく両サイドで差が出ないように解説をしていくつもりです。)

なおこの曲の攻略法をまとめてほしいなどのご意見はツイッターかコメントをしていただけると
嬉しいです。
スポンサーサイト

D(SPA)

1aa.jpg

曲名:D
ジャンル:NEXT SKOOL BREAKBEATS HARDCORE
作曲者:Eagle
BPM:30-240
ノーツ数:1313
個人的ヤバイ度:★★★☆☆
推奨オプション
イージー・ハード=正規or鏡
EXH=ランダム

クッソ長いジャンル名にクッソ短い曲名
これもうわかんねぇな・・
ということでソフランと縦連のDの解説を
今回はやっていきます

始めにBPM推移なのですが
スタート時は120

徐々に加速し最高が240

「ヴェーーーー」という音のCNを押している間だけ50

CNが終わった瞬間から175

そこから段々と減速して
また「ヴォーーーー」という音のCNで30か

CNが終わった瞬間から最後の
ヴェーヴェヴェヴェヴェヴェヴェヴェー
ヴェーヴェヴェヴェヴェヴェヴェヴェー
地帯は120

となってます。
実はこの楽曲を初めてプレイしたのが
Tricoroの時だったので既に
「皿チョン」という便利すぎる技術が
ありました。
ですので今回はそんな現在の便利な
技術をフル活用してこの曲の
解説に移ります。
※皿チョンの知識があることを前提に話を進めます。
この曲のスタート時のハイスピ設定ですが
BPMが120なためそこから加速して
最終的には240を処理しなければなりません。
120のハイスピ設定で240の速さを
処理するのは少々厳しいです・・・

ですので!

今回は2つの最初の加速の対策を解説します!

1つめは最初から鍵盤を2つ落としておく方法です。
メリット
・捨てノーツをする必要が無い
・そういった面でギアチェンを気にする必要が無い
デメリット
・加速するまでがめちゃめちゃ
 遅いので低速が苦手な人はヤバイ
・精度が崩壊する

もう1つはとあるポイントで数ノーツ捨ててギアチェンする方法です。
FHSはそのまま
メリット
・低速処理をしなくて済むため
 無駄なBPを抑えることができる。
・慣れるとすごく安定する。
デメリット
・捨てノーツをするため確定でダメージを受ける
・そのためFC狙いはこの方法ではできない
まあこのブログはFC狙うような人のためには
作られていないんでヘーキヘーキ


個人的には後者をおススメします。
最初は前者の方法でやっていたのですが
ポロポロと低速でミスをするので
最終的に後者の方がダメージを抑えられる
となってしまったためです。

事前知識はこれくらいにしておいて曲の
解説に移ります。
とはいえ最初はあまり難所も無く
なだらかな階段がきます。

最初の削りポイント
1aaaaa.png
2枚 5枚 2枚 3枚の連皿です。
ですので
引き→押し→押し→引き
の向きで皿を回すことを意識しましょう。
この連皿は終盤にも1回登場しますので
しっかり回せるようにしておくのがおススメです!

次に後者のギアチェンを使うときの捨てノーツの箇所の解説です。
1aaaaaa.png
2回目の「ジャッ ジャッ ジャッ ジャジャ」の皿絡みのとこです。
18小節目からだんだんと加速していきます。
んで、捨てるとこなんですが
1あ
この赤で囲った箇所は捨ててください
運が良いとハイスピを2つ落とすために
57を同時押しした際に囲ってある
5と7を拾ってくれるっぽいので実質
皿1枚だけのダメージで済みます。
ただ絶対に最後の皿1枚を回さないでください
回してしまうとスタートボタンを押した際に
皿チョンになってしまう可能性があるからです。

これでギアチェンによりハイスピを2段階
落としました。これによって
1aaaaaaa.png
ここのソフランが見えなくなる
みたいなことは防げると思います。
ギアチェン後の少しの間の
低速処理はスカスカなので根性です根性

んでCNを抜ける瞬間の解説です。
1い
皿チョンをするタイミングは
CNを離した瞬間です。
ノーツが降ってきてからでは手遅れです。
遠慮なく皿チョンしましょう。

ここからは回復なのですが一箇所だけ解説を
1う
地味~に難しいこの箇所
12と67の同時押し餡蜜でしっかり耐えましょう。
ここを抜けるとまたも回復です。

そのあとは減速からのCNですが
こちらもCNを離した瞬間、遠慮なく皿チョンしてください!

そして
1え
あっ・・・(察し)

ヴェーヴェヴェヴェヴェヴェヴェヴェー地帯です。
1Pは鏡2Pは正規が押しやすいと思われます。

ヴェーヴェヴェヴェヴェヴェヴェヴェーに合わせて
縦連を押すしかないですかね・・・
実際は9連打ですがBPM自体は120ですので
押すのが間に合わないってことはないと思います。
イリーガルみたいなもんです。
早く押し過ぎないように曲のリズムに合わせて
冷静に押しちゃいましょう。
63小節目の連皿は序盤の連皿と同じリズムです。
そこに皿と同じリズムで縦連がきていると思えば
気が楽になります。

こんなとこで解説は以上ですかね。
最後が駆け足になってしまったぽいですが
以上でDの解説を終わります。

では

THE SAFARI(SPH)

1s.jpg
(「・ω・)「がおー


曲名:THE SAFARI
ジャンル:WORLD HOUSE
作曲者:Lion Musashi
BPM:150
ノーツ数:900
個人的ヤバい度:★★★☆☆
推奨オプション:ランダム

六段殺しで有名なサファリでございます。
かつての私もかなりこいつには苦しめられました。
こいつの難しさに挙げられるのが
六段までにはなかったギミック
・67トリルの処理
・キツイ皿絡み
・微縦連
・瞬間的だが今までにない高密度
などです。

こいつのハードorクリア自体には
ランダムという便利オプションがあるため
あまり苦労はしませんが正規は別です。

なので今回は段位認定における
この曲の解説を重点にやっていこうと思います。

1つだけ厳しいことを言うとこの譜面ができないのは
「癖」ではなく「地力不足」だということを
受け入れられなければかなり苦労することになります


では解説に移ります。

まず最初
1ss.png
元気あふれるよくわからない音に
合わせて容赦なく皿が降ってきます。
地味ですが何ともいやらしい配置ですね。
ここではあまり苦手意識を持たずに
プレイすることが大事です。
今の段位認定だとFIRE FIREという
皿絡みにはもってこいの曲があるため
さほど苦手意識は少ないのではないでしょうか?
私は昔、ここになかなか苦しめられた苦い過去があります。

ここからはしばらく回復地帯です。
なるべくゲージを残せるようにしましょう

そして問題がこちら
2s.png
テレテレテッテ地帯です
サファリのテレテレテッテには2種類あり。
この67トリルのテレテレテッテと
45を押させるテレテレテッテがございます。
ここで削られる要因を挙げると
・67トリルが処理できていない
・適当にワシャワシャしての空Poorの連発
がありますが、後者の方が超絶重要になってきます。
よくあるパターンとして
右手がテレテレテッテのリズムに動くのに合わせてしまい
左手も適当にワシャワシャしてしまう。
これがかなり多いです。

段位ゲージは補正状態であれば実質8ノーツに1回ミスなら
ゲージは減らないという計算ができます。
要するに、8ノーツに1回ミスっても30%を
保つことができるということです


ですがワシャワシャしてしまい空Poorを連発することによって
補正を上回るダメージを受けてしまいます。
これがサファリに苦戦する理由の大きな1つだと
思われます。

ではどのようにしたらダメージを抑えることができるのでしょうか
餡蜜しちゃいましょう。

これをこうして・・・
2s.png
こうじゃ!
2sss.png
(プレイサイドが変わっているのはお気になさらず・・)
テレテレテッテ
  ↓
テッテッテ テ
と押してあげましょう
67トリルは「テレテレテ」までの音です。
それを「テッテッテ」とレの音を無くした感じに押すのがコツです。
67
67
57
の順に落ち着いて押しましょう。
2w.png
こんな感じです。右手はこれだけに集中して左手のゴミを
しっかりと見て取ることを意識しましょう。これだけでも
ゲージの残り方には大きく差が出ると思います。

45トリルの方はそんなに苦戦しないと
思います。しっかり耐えましょう。

でもって
22.png
個人的には回復だったこの場所ですが
意外と難所らしい・・・
デッデッデ~というリズムで皿が絡んでくる
この場所ですが、どうも1の縦連が
嫌がられてるっぽいです。
縦連が来るのはデッデッデ~の2セット目と4セット目
ですのでそこだけ頭に入れて早めに1を
押してから皿絡みに入ると楽です。

そしてこの
3.png
ホイッスル地帯です。
たぶんここが1番ゲージを持ってかれやすい
箇所だと思います。耐えるコツは
13はもう皿のリズムに合わせてベチャ押しでオッケーです。
右手に集中しましょう。
※適当にワシャワシャすると空Poorが出ますので注意!
ここで30%残っていれば十分にチャンスがあると思います。

さて最後のテレテレテッテ地帯
4.png
3に縦連がありますがあんまし気を取られる
必要はありません。むしろこの縦連で
リズムを崩されるほうが致命傷です。
前半やってきたことを変わらずに繰り返しましょう。
テッテッテのリズムです。

そして45のテレテレテッテは食らいつきましょう
ここをしっかり取ることで67で受けたダメージを
ほぼ取り返すことができます。

あとは最後の右手だけの67です。
気を抜かずにしっかり取りましょう!

以上でTHE SAFARIの解説を終了します。
少しでも参考になれば幸いです。
これを見て七段が取れた!っていう方がいれば
とてもうれしいです。

では。

卑弥呼(SPH)

himiko

ジャンル:ESOTERIC SPEEDCORE
曲名:卑弥呼
アーティスト:朱雀 VS 玄武
BPM:83-185
ノーツ数:1442
個人的ヤバイ度:★★★★★
推奨オプション:ランダム

記念すべき最初の記事は、☆11最強クラスの一角である
卑弥呼(SPH)でございます。下手な☆12よりも難しいと思います。
イージー・ハード両方でプレイヤーの壁となりクリアを阻む曲です。

では解説に移っていきましょう
この楽曲の難所のポイントをいくつかまとめました。
まずはこの7小説目です。
h7.png
この高速トリルですがフルコン狙いでも意外とここで切る人は多く
ハード・EXHでもここで削られてやる気を失う方もいるのではないでしょうか?
ここのトリルは入りを早くして抜けるのが1番良いと思われます。ここのトリルは
1h.png
直前の4~6小説目の単押しで予測することが可能です。どこにトリルが来るか分かるだけでも
だいぶ変わってくると思います。

次に8~23小説目の階段地帯です。
ここに関しては個人差の分かれるところでもありますが
大抵の人は正規or鏡で回数を重ねると癖がつきます
僕も正規でラストまでいってこれはいけるぞ!って粘着した結果
地獄を見ることになりました。地味にちょくちょく入る皿もウザッたいことこの上なし
ここをハードゲージで70%ほど残す力が欲しい所です。
イージーでしたら案外残ります。

次に24~27小説目
1hh.png
謎リズム地帯です
序盤の乱打をせっかくいい感じで抜けられたのにどん底に突き落としてくれるクソ地帯です。
ここの攻略法ですが、ランダムで右手と左手に分かれる配置を引くのを待つことをお勧めします。
この5と7の夢のコラボレーションも先ほど挙げた4小説目で簡単に予測することが可能です。
自分の処理しやすい配置を待ってみましょう。コツとしては7の地帯から目を離さないようにすると
ダメージを最小限に抑えられる印象がします。

問題の28~36小説目
1hhh.png
なんだこれは・・(困惑)
こんなのをハード抜けしろっていうんだから無茶にもほどがあります。
ここだけは正規or鏡が1番押しやすい配置だと思います。
ランダムですと基本的にカオスなものが振ってきますが、たまーに押しやすい配置がくるので
それを逃さず仕留められるようにしたいものです。
ここの1番削れてしまう要因に、リズムに合ってない打鍵で
空Poorを連発することが挙げられます。イージーなどでリズムを確認して
無駄なBPを抑えるようにしましょう。

低速ですが抜ける瞬間以外は処理できるだけの低速を見切る力
がないと最後の低速は厳しいと思います。

でもって問題がこ↑こ↓
1hhhh.png
僕はここで10回は死にましたし、ここで死んでいる人を何人も見てきました。
正直ここは低速云々の前に運ゲな気がしますが
解説サイトを目指す立場として頑張ってコツを書きます。
ここの死ぬ原因として「押すのが早すぎ」「押しすぎ」が挙げられます。
ご丁寧にも7の5連打は曲が「ダッダッダッダッダ」と大きな音を立ててくれているので
それに合わすと生きていられるかもしれません。5連打を意識してゴミを
それとなく押せばハードゲージなら20%ちょい残っていれば十分にチャンスがあります。
理想は30%欲しいです・・(小声)

ここさえ抜けてしまえばよほど低速が弱くない限りウィニングランです。
ここまでをハードで耐えれる人なら低速までで死ぬところはおそらくありません。

最後の低速は皿チョンはできないと思ってください
間違いなくゲージが吹き飛びます


拙い解説でしたがこれで解説を終わります。
みなさんの攻略の助けになれれば幸いです。
プロフィール

はやとし

Author:はやとし
Twitter@hyt_io
SP
Lincle:九段
Tricoro:十段
SPADA:十段
CSRED:十段
CSDD:十段
CSGOLD:皆伝
CSDJT:皆伝
CSEMP:皆伝

LR2:★4

リンク
来訪者様
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。